ほのこblog

スタジオジブリ作品すきを伝えたい◯

はじめまして。

アニメーションは、映画でもなければ小説でもない。けれど時には映画のように、主人公の物憂げな、たった一瞬の表情で物事を語り、時には荒々しく人を殴りつけるように紡がれる鋭い言葉で語る。アニメーションは映画と小説、それぞれ良い部分を良いタイミングで効果的に使うことができます。


「映像だけで語るにはあまりに複雑で、言葉だけで語るにはあまりに浅すぎる」

恐らくアニメーションとはそれがあるべき姿なのではないでしょうか。

 


スタジオジブリ作品にはそういった作品が多くあります。

私がジブリ作品を好むのはそれも理由の一つでしょう。

 

私はあなたに伝えたい。

 

私がここから学んだこと再確認したこと、私はこの世でたった一人で、私の気づいたことがたった一つであるならば、私はきっと、価値があるから。